こんにちは!サンステップ福井本店です。

前回ノースフェイスのアウターをご紹介させて頂きましたが、

今回はアウトドアウェアのスペックの視点からアウター選びの

お手伝いをさせて頂ければと(^^♪

スペックと言ってもアウトドアブランドには多様な素材や機能が

使われてますが、今回はGORE-TEXにフォーカスを当ててみたいと思います!

GORE-TEX、聞いたことがある方も多いと思います。

なんとなく防水がすごいんだろうな~ぐらいのイメージでしょうか?

実はいくつかの種類があり性能も変わってくることは意外と知られていないのでは・・・

登山など本格的にアウトドアを始めたい方、

楽しくアウトドアスポーツを楽しみたい方、

街着としてアウトドアウェアを着たい方など、

アウトドア初心者だという方はGORE-TEXを知り、

アウターを選んでみてください(^^)/

GORE-TEXとは?

ゴアテックスはアメリカのWLゴア&アソシエイツ社が作るテクノロジー素材のことです。優れた防水性・透湿性・防風性を備えており、ジャケットやシューズなど身近なアイテムから、宇宙服、医療に至るまで様々な分野で展開されています。

優れた防水性

ゴアテックスの核となる素材がゴアテックスメンブレンと呼ばれるフィルムのようなものです。水滴より小さく、水蒸気より大きな気孔が1平方インチあたり90億個も開いていて、そのフィルムを様々な生地で挟んでラミネートすることで生地を作り上げています。ゴアテックスメンブレンにより水分が侵入してくるのを防ぎ、逆にかいた汗を体外へ放出できるのです。そしてゴア社の厳しい基準をクリアしたものが「GORE-TEX」として世界に出ていくのです。

身を守る防風性

水滴を通さないゴアテックスメンブレンが、水滴より大きい冷気の塊(風)を通さないことは想像できると思います。厳しいテストをクリアした高い気密性により水だけでなく風も侵入させないものとなっているのです。水や風が侵入することで体が冷えてしまいます。それを防ぐという面で寒さも感じにくくなるのです。

快適でいられる透湿性

ゴアテックスメンブレンは外部の雨や風を防ぎながらも、内部の汗による蒸気は外へ逃がしてくれるのです。汗もそのままだと体を冷やしてしまう原因となります。快適でいられる透湿性もゴアテックスの優れた面です。

ちなみにゴアテックス自体に発熱性はないので、ゴアテックスが暖かいということではありません。保温性を高めるために必要なのは空気ですので、ダウンなどのインサレーション(中綿)と合わせることで高い保温性を発揮します。

生地の種類

3L

ゴアテックスにおいて最も主流な3レイヤー構造です。メンブレンの表と裏にそれぞれ生地を貼りつけており、軽量で摩擦に強い生地となる為、耐久性に優れています。

「2L」

メンブレンと表生地のみを貼り合わせた2レイヤー構造です。メンブレンの保護の為メーカーによって独立した裏地を組み合わせたりしています。(メッシュなど)主に保湿性を重視した商品に使用されています。

「パックライト/2.5L」

こちらも裏地がない構造ですが、独立した裏地のかわりにコーティングを施しています。2.5レイヤーとも呼ばれます。生地が少なくなることで軽量かつコンパクトにできるのが特徴です。

GORE-TEXの種類と用途

ここからはゴアテックス製品の種類と特徴、適した用途をご紹介します!

ゴアテックスプロダクト

最もスタンダードな種類です。ゴアテックスのタグに特に名称の記載がない、よく見かけるものがこのタイプになります。主に3レイヤー、2レイヤー構造が使用されており、性能のバランスが良く幅広いシーンで活躍してくれます。

3レイヤーは高い耐久性と防風性を兼ね備えているので、登山やキャンプなどにピッタリです。気軽にアウトドアを楽しみたい方にオススメです。冬山など寒いところではインサレーション入りのをオススメします。

2レイヤーは軽量さと透湿性の高さが特徴ですので、夏山やサイクリングなどスポーツよりのアウトドアを楽しみたい方にオススメです。タウンユースにも適しています。

ゴアテックスプロ

スタンダードなプロダクトに対し、こちらは防水性と透湿性がより高い製品となります。なにより耐久性の高さがウリです。猛吹雪などにも対応できるため、プロの登山家にも愛用されています。ゴアテックスタグには「Pro」と表記されています。表地を厚くすることで摩擦に強くなっており、裏地には「マイクログリッドパッカーテクノロジー」という技術を採用。縦横に綿密に織られた生地をラミネートすることで耐久性がUPしています。

過酷な状況が予想できる登山やクライミングなどを行う方に適しています。少し重さもありますので普段着としてはオーバースペック気味かもしれません。

ゴアテックスアクティブ

透湿性と軽量性を重視したタイプです。タグには「Active」と表記。軽量のゴアテックスメンブレンに薄い表地と裏地を合わせた、最も軽い3レイヤー構造となります。

汗が抜けることに特化している為、ジョギングやサイクリングなど汗かくアウトドアスポーツを行う方にオススメです。他の製品と比べ耐久性は低めとなりますが、その軽さと着心地の良さで普段使いでも重宝できます。

ゴアテックスシェイクドライ

ゴアテックスアクティブの部類となりますが、こちらは表地がなく、ゴアテックスメンブレンがそのまま表地となっています。群を抜く撥水性が特徴。タグには「SHAKEDRY」と表記。

透湿性、撥水性の高さでこちらも大量に汗をかくスポーツに適しています。ランニングなど雨の中でも快適に行えます。摩擦に弱いので、外部からの影響を受けないアクティビティに向いています。とても軽量ですが、かばんや荷物を持ったりなどの普段使いでは適さない場合もあります。

ゴアテックスインフィニウム

2018年に誕生した新プロダクト。代名詞である防水性を弱め、防風性と透湿性に特化した新たな試みを行っています。タグは白になります。厳しい防水基準に左右されない快適さを求めたデザインが特徴です。

メンブレン自体の防水性はあり、撥水加工されてる製品も多いので多少の雨であれば防げます。クライミング、フィッシングなど天気の良い日に行うアウトドアに適しています。またデザインや機能性、着心地も重視されている為、普段使いにピッタリ。街着でアウトドアブランドを楽しみたい方にもオススメです。

いかがでしょうか?

実はGORE-TEXひとつとってもこんなに奥が深いものなんです(‘Д’)

目的に合わせてのアウトドアアウター選びがしやすくなれば幸いです☆

こちらは前回ご紹介したノースフェイスのビレイヤーパーカーです☆

このアイテムがどの種類のGORE-TEXを採用しているか・・

もうお分かりですよね!

そうです、新プロダクトのインフィニウムです☆

防水性より防風性と透湿性を重視し、シンプルなデザインと柔らかく動きやすい着心地でまさしくクライミングに適した1着。さらにダウンなので保温性もばっちり。寒い時期でもアウトドアスポーツを楽しみたい方にピッタリです!街着としてもオーバースペックにはなりません。防水性が弱いというわけではなく、撥水加工も施されていますので多少の雨雪でも十分使えます。福井の冬にはちょうどいいアウターではないでしょうか( ^)o(^ )

他にも幅広いアウトドアブランドを取り揃えておりますので、

是非一度ご来店頂き目的のアウターをお探しください(^^)/

サンステップ福井本店のインスタグラムです🍊

おすすめアイテムやSALEなどの情報をお届けします!

****************************

サンステップ福井本店 春木

〒910-0011 福井県福井市経田2-1005

TEL 0776-21-5335

LINE @sunstep