こんにちは^^

スニーカーってモデルによって履き心地が全然違うし使っている素材によって汚れが付きやすかったり通気性によっては臭いが・・・

なんて事ありませんか?

大事なスニーカーを守るために防水スプレーは必須かと思います。

なぜなら

防水スプレーはただ濡れるのを防ぐだけではないから!

です。防水スプレーをかけると水を弾くのと同時に汚れも付きにくくする為是非お気に入りのスニーカーにはかける事をオススメします^^

試しに当店でも販売している防水スプレーをスニーカーにかけてみました。

コロンブスのスニーカーケア プロテクトスプレー(フッ素系)です!

効果:

スニーカーの雨や汚れ、紫外線から保護するスプレー

・繊維1本1本にフッ素系撥水・撥油剤をコーティングし、水分・ホコリ・ゴミ油分等の汚れから守ります。

・UV吸収剤配合により紫外線をカットしスニーカーの色褪せを抑制します。

・素材の柔軟性や通気性を損ないません。

色褪せも抑制してくれるなんて、スニーカー好きには願ったり叶ったり!

これはかけるっきゃない!!

防水スプレー効果の実験

早速、スプレーをかけてみました。

これでもか!!ってぐらいにかけました。

若干かけすぎな感が否めません…笑

スプレーをかけた後に思った事が、ミントの様なスッとする香りと少し甘い香りがしました。これなら嫌になりませんね^^

そして大量の水を噴射ーーー!!

結果はこの様な感じになりました↓

スエード部分の水滴は細かな水滴の粒のまま。

コットン素材の部分は細かな水滴がコロコロと下に転がり落ち、大きな粒になってその場に留まりました。

ただ、素材に水分が吸収される事はなさそうで、暫くそのままになってました。

防水スプレーをかけていない場合

では次に防水スプレーをかけていない方です。

霧吹きから綺麗に水が出てますね。

猛プッシュした結果がこちら

スエード部分に水滴の塊があるのがお分かりでしょうか?

一応水は弾いていますが親水している様子です。このままにしておくと生地が吸収してしまうためなかなか乾かない状態になってしまいます。

そして汗や雑菌と混ざって嫌な臭いの元なります。

防水スプレーをかける際に気を付ける事!

防水スプレーを使う前に必ず注意書きをよく読みましょう。

使い方さえ間違わなければ大事なスニーカーを長期間綺麗に保存できます。

防水スプレーにはシリコン系とフッ素系の2種類がよく使われています。

シリコン系は素材に膜を張って濡れるのを防ぎます。その為通気性は悪くなりますのでご注意下さい。

一方フッ素系は繊維1本1本にコーティングしてくれるのでシリコン系よりは通気性は良さそうです。

あと、スプレーをかけてから乾くまでに時間がかかるので効果を発揮できるまでには1時間以上は必要です。

サンステップ福井南店ならシューケアグッズが揃ってます

当店には今日ご紹介した防水スプレーの他、靴用のデオドランド(消臭)スプレーや革製品メンテナンスに使うミンクオイルやツヤ出しできるクリームなど取り揃えてます^^

スニーカーだけでなく革靴やメンテナンスグッズが必要な時はぜひご来店下さい!